もうウゴウケン

PUBGやゲーム配信、Z125PROを

『スパイダーマン:ホーム・カミング』核心ネタバレなし

 

『スパイダーマン:ホーム・カミング』

スパイダーマンというヒーローが特に好きでもなかった僕が、オススメします。

今までのスパイダーマン映画を見た上で、スパイダーマンが特に好きではない方にピッタリハマるはず。

f:id:ugouken:20170818131302j:plain

 

作品情報

2017年8月11日公開

主演:トム・ホランド、ロバート・ダウニー・Jr、マイケル・キートン他

音楽:マイケル・ジアッチーノ

f:id:ugouken:20170818131148j:plain

 

作風

原作通り、よく喋るポップな「親愛なる隣人」を描いている。

今までのスパイダーマン映画のような悲しいドロドロしたシーンが極端に抑えられている。そのおかげでハッピーな気分でずっと観ていられるのだ。

だいたい、アイアンマンといいシビル・ウォーといい、ドロドロしたシーンはトニー・スタークだけで十分だ。

もちろん、アメコミファンが喜ぶネタが数多く散りばめられている。鑑賞後、家に帰ってウィキペディアで調べたり、アメコミファンのブログを観るのが楽しいんだ。是非、皆にもこの楽しみ方を試してもらいたい。

f:id:ugouken:20170818131223j:plain

 

音楽もバッチリ

担当は、マイケル・ジアッチーノ。

ディズニー作品をメインに担当しており、直近では『ズートピア』が有名。他にも『ジュラシック・ワールド』『ローグ・ワン』『ドクター・ストレンジ』という大作を数多く手がけている。キャッチーな音楽から重厚感のあるものまで手広くカバーしておられる御方だ。

 

劇中やエンドロールで流れる「ヘイ!ホー!レッツゴー!」という曲に関して面白い解説があるので下記をご参照あれ。

the Ramonesの『Blitzkrieg Bop』

↓ネタバレほぼ無しですが、ご注意を↓

https://fusetter.com/tw/re3OT#all

 

少しレトロな雰囲気の曲をメインに持ってくる最近の風潮、良いよね。

 

良かった点要約

ネタバレにはならないけど、未鑑賞の人の楽しみを奪いたくないので折りたたみます。

 

 

  • スパイダーマンの基本情報を端折った点

蜘蛛に噛まれてパワーが身につく事なんか誰でも知っているし、ベンおじさんが死ぬことも知っている。基本的な説明箇所を端折ったおかげでテンポがよく、気持ち良く『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』の続きとして受け止められる。

また、ベンおじさんのくだりを端折ったおかげで暗い雰囲気にならず、全体を通して明るい「親愛なる隣人」映画を楽しめるのだ。

f:id:ugouken:20170818131321j:plain

 

  • 見知ったヒーローがちょいちょい出てくる

やっぱり、アイアンマンが出ると安心感がある。個人的にはキャプテン・アメリカ推しだが、アメコミ映画ファンとなったきっかけは『アイアンマン』だ。

『アイアンマン』公開は、2008年。もう9年もの付き合いになる。そんじょそこらの彼氏彼女より長い付き合いで、実家のような安心感がある。

アベンジャーズになりたくて危ないことを繰り返すスパイダーマン、それを支えるアイアンマン。人生で心が折れそうになった僕の、心の支えになったアメコミ映画。僕がスパイダーマンで、アメコミ映画がアイアンマンだ。

f:id:ugouken:20170818131242j:plain

 

何度か自殺しようかと思ったが「アベンジャーズ来年公開やと!まだ死ねんやんけ!」「なに?キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーやと?まだ死ねんやんけ!」とズルズル生き続けて9年経つ。

まだまだ衰えることのないアメコミ映画のビッグウェーブ。まだまだ死ぬわけにはいかない。

 

 スパイダーマン単品としても楽しめるが『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を観れば楽しみ倍増である。

『シビル・ウォー』からの続きが楽しめるぞ。