もうウゴウケン

PUBGやゲーム配信、Z125PROを

2017年8月の観るべき映画Part 1

 

アメコミ祭り、到来!

2017年の夏、一番の目玉はアメコミの超話題作が2本も公開されることだろう。

それ以外にも、カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』や目指せ第二の『君の名は。』など、期待できる作品が目白押しなのだ。

 

相変わらず邦画を鑑賞しないので本エントリーでは、基本的に取り扱っておりません。

取り上げてる場合、ノンフィクションや重めのモノだったりします。

だが、それがいい。

f:id:ugouken:20170722202608j:plain

 

スパイダーマン ホームカミング

8月11日(金・祝)公開

主演:トム・ホランド、ロバート・ダウニー・Jr

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で遂にマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に合流したスパイダーマンのシリーズ第一弾。今までは権利の関係でMCUに合流出来なかったスパイダーマンですが、権利元のソニーとMCUのディズニーマーベルが協力関係を結んだおかげで無事に合流したのが『シビル・ウォー』なんです。

その『シビル・ウォー』では、キャプテン・アメリカとアイアンマンの両名が主義主張・お互いの正義を掛けて命がけの戦いを繰り広げました。そのアベンジャーズの内戦においてアイアンマン側についたのが本作の主人公、スパイダーマンです。

『シビル・ウォー』の続きということもあり、アイアンマン/トニー・スタークもガンガン登場するそうです。昔から有名なスパイダーマン、MCUに覇権をもたらした超人気ヒーロー・アイアンマンの両名は、日本のアメコミ市場において揺るぎない人気を誇るTOP2なので大注目されること必至!

原作に忠実な軽口をたたくスパイダーマン、要チェックです!

なお、私のイチオシヒーローは、キャプテン・アメリカです。アメリカや世界の正義ではなく、己の正義のために自己犠牲を惜しまず戦う泥臭い彼が大好きなんだ。

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

8月18日(金)公開

主演(声):広瀬すず、菅田将暉、宮野真守

総監督:新房昭之(化物語シリーズ)

アニメーション:シャフト

『君の名は。』の東宝が放つ、大ヒット狙いのアニメが今年もやってきた!

今回も相変わらずタイムリープものであるが…注目すべきは制作陣。

総監督は、大人気ヒットシリーズ『化物語』の監督を務めた新房昭之。アニメーション制作も『化物語』のシャフトだ。

原作は『リップヴァンウィンクルの花嫁』の岩井俊二が、1993年にフジテレビで放送したテレビドラマのアニメ化である。小説を多数出版している彼の作品なので間違いないだろう。

唯一悔やまれるのは、声優として広瀬すずと菅田将暉を起用していることだろう。だから素人を使うなと何度言えば。

 

あれ?このヒロインって戦場ヶ原ひたぎさんじゃね?

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫)

 

 

ベイビー・ドライバー

8月19日(土)公開

主演:アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ

監督:エドガー・ライト

カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』と評されているほど前評判が高い作品なのだ。

子供の頃にあった事故の影響で耳鳴りがする主人公のベイビー。彼がイヤフォンをして音楽を流せば耳鳴りが止み、彼は一流の逃がし屋に大変身するという設定なのだ。

監督が『ショーン・オブ・ザ・デッド』のエドガー・ライトというのだから期待せざるをえない。

音楽担当は『ゼロ・グラビティ』『スーサイド・スクワッド』を手掛けたスティーブン・プライスという方。『ゼロ・グラビティ』ではアカデミー賞を受賞しているので間違い無し。

 

今夏、サントラが欲しくなる映画No,1の座は、本作だろう。

Baby Driver

Baby Driver

 

 

Part,2へつづく。また明日。

 

ラ・ラ・ランド(字幕版)

ラ・ラ・ランド(字幕版)