もうウゴウケン

PUBGやゲーム配信、Z125PROを

沖縄旅行6 海中道路の奥、伊計ビーチへ

 

沖縄旅行6

随分と期間が空いてしまったが、少しずつ更新していきます。

海中道路を進んだ所にある伊計ビーチのお話。

 

伊計ビーチへ

ルートは、こんな感じ。

島を2つ超えた先、伊計島の入った所に所在。

 

道中の道は、ざわわな雰囲気が漂い非常にのどか。

沖縄の原風景も楽しめる贅沢なルートだった。オススメだ。

f:id:ugouken:20170709121048j:plain

 

伊計島に入ってすぐ、ビーチの看板が大きく出ている。

無料の駐車場もあり、駐車台数も結構あるようだった。社内で水着に着替えてGo!

f:id:ugouken:20170709121230j:plain

 

透き通った海

入場料は、大人1人400円でございます。

自動券売機で購入し、ゲートをくぐると素晴らしい景色。

海の透明度は、北谷アメリカンビレッジのサンセットビーチとは比べ物にならない綺麗さ。

f:id:ugouken:20170709121433j:plain

f:id:ugouken:20170709121430j:plain

 

なお、テント類は全て有料なのでご注意を。

一日中ビーチで過ごすのであれば借りても良いかもしれないが、僕たちは数時間の予定だったので借りず。

100均でレジャーシートを買ってきて正解だった。帰りしにゴミ箱へポイである。

 

6月下旬、日差しは非常にキツく体感気温は40℃だった。

海、サイコーだ。

f:id:ugouken:20170709121650j:plain

 

アクティビティもございます

伊計ビーチでは、アクティビティの有料貸出も行っている。

泳げないし、レクチャーも受けていないのでシュノーケリングは実施せず。

だが、海を満喫したいのでライフジャケットとシーカヤックをレンタル。ライフジャケット1日500円、シーカヤック(1セット)30分2,000円。

 

少し沖に出ても底が見えそうなほど澄んでいる。水中メガネも借りておけばよかった。

パドルを漕ぐ楽しさも覚え、腕を動かす楽しみに浸る。今後、海に行ったらやってしまいそうだ。大きな川でカヤックも良いかもしれないね。

f:id:ugouken:20170709122022j:plain

 

シャワーや売店も完備

シャワーはコイン式、5分200円。短く感じるが、5分以上浴びることはまず無いだろう。

シャワー室もある程度ではあるが綺麗であり、嫌悪感を抱かず利用できた。この点は非常にデカいだろう。

 

売店では、海の家的な軽食を販売しており、何よりブルーシールアイスが食べられる点が大きい。

キレイな海を見ながらブルーシールアイス、贅沢だ。

f:id:ugouken:20170709122642j:plain

 

本当は軽食に手を出したかったのだが、この後は沖縄旅行最大の楽しみだったタコスの名店「メキシコ」に行く予定だったので我慢。

この選択、正解だった。

 

海中道路、沖縄の原風景、キレイな海、全てを楽しめる贅沢なこのルート、いかがだろうか。

 

キャンパーズコレクション クールトップワンタッチサンシェード(約3人用) ブルーブラウン OBT-6SUV(BBR)

キャンパーズコレクション クールトップワンタッチサンシェード(約3人用) ブルーブラウン OBT-6SUV(BBR)