もうウゴウケン

手を出しすぎててワケワカラン

『パッセンジャー』微バレ含む

『パッセンジャー』

www.passenger-movie.jp

 

本日、鑑賞。

微バレ含む。

核心ネタバレは、隠しております。

 

動員少ないから上映回数が減って困る!

レイトショーで観たら、たまたま最大スクリーンだった。ラッキー!

 

主演は、イケイケのジェニファー・ローレンスとクリス・プラット。

ジェニファー・ローレンスが先にクレジットされているけども、クリス・プラットの為の映画である。

 

ジェニファー・ローレンス演じるオーロラが、個室で眺める地球の親友たちが遺したビデオレターを観るシーン。

『アナタの成功を観る事は叶わないけど、応援している』

私は、こういった『キャプテン・アメリカ』的な境遇を描かれると泣いてしまう。

様々な理由から「自分だけ時間の進みが遅く」、気付けば周りの家族・友人が死んでいたり別のパートナーを見つけているという境遇に共感してしまい、とても苦しくなる。

『インターステラー』のブラックホールを用いた重力ターンのシーンなんか思い出すだけで涙が出てくる。

泣くからこそ、心に来るからこそ素晴らしい映画なんだと私は思っている。

『キャプテン・アメリカ』『インターステラー』そして『パッセンジャー』は、素晴らしい。

 

以下、核心ネタバレを含んでおります。

 

 

ローレンス・フィッシュバーン演じるガスが、観客を、私を救ってくれた。

確かにクリプラ演じるジムは、やってはいけない事をした。

でも、1年も孤独を味わえば誰だってやるだろう。その苦しみを表現する言葉が見つからず、鑑賞中に凄くモヤモヤしていた。

そこにガスが、

『溺れている人間は、誰かにすがってしまう。助かりたいからだ。』

という言葉がストンと胸に入り、ジムが救われた。私も救われた。オーロラも救われてた。

ガスの言葉は、この映画を表している。

 

終盤の権限書き換えシーン。

事前にオーロラが「記憶力は凄く良い」とか伏線張っていればとても気持ち良かったと思った。

 

ラストシーンの描写も堪らない。

劇中は旅路30~33年目の物語だったと記憶している。二人で生きていった彼らの年齢を30歳、寿命を80歳と仮定してみよう。

寿命を迎える頃は、まだ旅路80年目頃なのだ。クルーが起きる120年目までの40年間、誰も整備せずにあの船内の状況は維持出来ない。

そう、彼らの子供達が船内で育ち、生活しているんだ。幸せな船内生活を送った事が伺え、観ているこちらも幸せな気分になる。

ジムが初めて木を植えたシーンでエンディングを想像出来たが、満足する表現をしてくれた。

 

ちなみに、彼らはヤリまくりだったからすぐ子供が出来たとして旅路34年目頃の出産。子供達の年齢は…86歳!現実的じゃねえな。子供同士で子作りをしちゃって孫の世代かね?