もうウゴウケン

PUBGやゲーム配信、Z125PROを

『ローガン』核心ネタバレなし

ローガン

公開日に鑑賞。

『ピーチガール』観る系女子に本作観せたら開始15分で寝るわ。

 

作品情報

2017年6月1日公開

ジェームズ・マンゴールド監督作品(『ウルヴァリン:SAMURAI』監督)

当然だが、ヒュー・ジャックマン主演。

なんと、R15+指定作品。

R18+指定『デッドプール』が大ヒットした影響で、本作をR指定作品として製作したそうだ。

www.foxmovies-jp.com

f:id:ugouken:20170602021258j:plain

 

作風

血生臭くマットな雰囲気のハードボイルド映画。

決してデート映画ではないし、娯楽映画でもない。

鑑賞後は、少し疲れを感じる重厚な雰囲気。

 

感想

鑑賞前にハードルを上げすぎたやつ。

 

アメコミファンでなくとも十分楽しめる作品。

ただ、アメコミファンであればローガンとプロフェッサーの関係性が分かっているので序盤の流れがスッと入ってくる。

 

正直言うと前作の『X-MEN:アポカリプス』がパッとしなかった事もあって悩ましい所。

それでも、ローガンの幕引き作品として素晴らしい男らしさを感じるし、ローガンサイドの人々が皆、輝いている。

どうみてもニュークスなキャリバンも輝いていた。

 

そしてなにより、ヒュー・ジャックマンやパトリック・スチュワート以上に輝いていたのが、ダフネ・キーンという女の子。

この女の子に衝撃を受けた。

 

 

ダフネ・キーンちゃんの今後に期待

ローガンの相棒・ローラを演じたダフネ・キーンちゃんは、12歳!

f:id:ugouken:20170602021239j:plain

子供のスタントダブル(スタントマン)を用意出来ないから、アクションが出来る女の子を探していたら、たまたま発掘した女の子だそう。

本作のアクションは、ほぼ彼女が実際に行ったとか。

 

演技も大人顔負けだし、とても美しい。

下記URLの動画を見て欲しい。

ヒュー・ジャックマン相手にこの演技だよ!?

表情からはウルヴァリンのような凶暴性を感じ取れ、とても12歳の演技とは思えない。

本年度のアカデミー賞に是非ノミネートしていただきたい。 

 

しっかりと成長し、今後の映画界で輝いて欲しい。

期待していたマイルズ・テラー君は、ファンタスティック・フォーと共に銀河へ消えていってしまった…。

 

ウルヴァリン:オールドマン・ローガン (MARVEL)

ウルヴァリン:オールドマン・ローガン (MARVEL)

  • 作者: マーク・ミラー,スティーブ・マクニーブン,秋友克也
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2017/05/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る