もうウゴウケン

PUBGやゲーム配信、Z125PROを

2017年7月の観るべき映画Part 1

 

超大作目白押しの7月

梅雨らしからぬ梅雨が続いているが、まだ梅雨は明けぬ。

雨の日は、映画を観るしかねえ!

 

先に記しておきたいのは、僕は基本的に邦画を観ないという点。

その為、本エントリーではほぼ取り上げないのでご留意いただきたい。

 

早速、7月の観るべき作品を挙げよう。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

7月1日公開

主演:ジョニー・デップ

言わずと知れた超人気シリーズ。

正直、前作『生命の泉』の内容なんかこれっぽっちも覚えちゃいない。食傷気味なのだろうか。

それでも、パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマソングは映画館の音響で聴かねばならぬ名曲である。

それに加え、今作では10年に1度しか陸に上がれないオーランド・ブルームが帰って来るというんだから、観ないわけにいかない。

あ、そうか。陸にさえ上がらなければ何度でも登場出来るのか。

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(期間限定) [Blu-ray]

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(期間限定) [Blu-ray]

 

 

ジョン・ウィック チャプター2

7月7日公開

主演:キアヌ・リーブス

2017年7月の大本命!

キアヌ・リーブスが伝説の殺し屋を演じるシリーズ第二弾。

なんと前作『ジョン・ウィック』エンディングから5日後から始まるという、前作視聴者にとっては堪らない設定。

今作からは、モーフィアスことローレンス・フィッシュバーンが出演し『マトリックス』コンビが揃う熱い展開。

今作では世界中の殺し屋から狙われるジョン・ウィックであるが、殺し屋連中の中にはスモーアサシン(相撲取り殺し屋)がいたりと前評判のネタには事欠かない。

銃とカンフーを融合させた新銃術「ガンフー」は必見である。さながら『リベリオン』の「ガン・カタ」である。

ジョン・ウィック(字幕版)

ジョン・ウィック(字幕版)

 

 

ライフ

7月8日公開

主演:ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、真田広之

出演陣が非常に豪華な、『ゼロ・グラビティ』感もあり、『エイリアン』感もあるSFスリラー映画。

科学的な考察には乏しいとレビューに書かれてあるが、「筋肉と脳だけ」の生命体という設定も期待感を煽る。パワー極振りの地球外生命体という認識で良いのだろうか。

公式サイトからはB級映画臭が漂っているが、気にせず鑑賞してみよう。

サウスポー(字幕版)

サウスポー(字幕版)

 

 

メアリと魔女の花

7月8日公開

監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』監督)

ジブリ出身の監督が手がける、ほぼジブリなアニメーション。(ジブリでは無い)

「ジブリ(っぽい)」で「魔女モノ」というだけで流行るだろう。流行りモノが好きな方は、一足先にチェックして流行に乗ろう!

流行はちょっと…という方は、金曜ロードショーまで待てば良いと思います。

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

 

 

つづく