もうウゴウケン

手を出しすぎててワケワカラン

『キング・アーサー』核心ネタバレなし

キング・アーサー

最高だった。

鑑賞後は、サントラ欲しくなること間違い無しの仕上がりである。

『マトリックス・リローデッド』の「Mona Lisa Overdrive」に比肩する、神楽曲が僕のハートを震わせた。



※トリニティがドゥカティのバイクに跨り、キーメーカーを乗せて高速を逆走するシーンの楽曲である

 

作品情報

2017年6月17日公開

ガイ・リッチー監督作品(『シャーロック・ホームズ』等)

チャーリー・ハナム主演(『パシフィック・リム』の主人公)

「アーサー王物語」がベースかな

 

作風

ガイ・リッチー監督らしい非常にスピーディーな展開で観ていて気持ちが良い。

未来と現実を交互にパッパッと切り替えてスピーディー感を煽るので少し戸惑う部分もあるが、ストーリー上に大きな意味は無いので気にしなくて良い。

説明すれば長くなる部分を端折る大胆さには驚いた。端折りながらもいかにして成長したのかを表現し、説得力は十分あるのだから凄い。

f:id:ugouken:20170620112846j:plain

 

『ロード・オブ・ザ・リング』かよ!

予告からも分かる通り、城サイズの象が大暴れしたり、剣を握るだけで突風が吹いたりと指輪物語を想起させる。

かの作品にガイ・リッチー監督らしい最高のアクションを入れつつ、漢要素をしっかりと注いだ土臭いレジェンドムービーである。

言うなれば「スタイリッシュ・アクション・スタイル ロード・オブ・ザ・リング」だろう。

f:id:ugouken:20170620113012j:plain

 

何をおいても、サウンドが最高だった

音楽は、ダニエル・ペンバートンが担当。『コードネーム U.N.C.L.E.』や『スティーブ・ジョブズ』を担当していたようだ。

 

映画の雰囲気と抜群にあっていてとても気持ちが良い。

英雄譚のサウンドはかくあるべき、と心の底から思うマッチング。

前述の『マトリックス・リローデッド』の「Mona Lisa Overdrive」は究極の高速道路ぶっ飛ばし音楽であることは間違いないが、本作のRun Londinium」は至高のランニング音楽であると胸を張ってお伝えできる。

 

「The Devil and The Huntsman」を聴けば、エクスカリバーを引きずるアーサーを思い浮かばせる。

はじまりの低音部分も是非、劇場のスピーカーで感じていただきたい。



本作最高の楽曲は「Run Londinium」で間違いない。

スラム街を疾走するシーンで流れるのだが、これほどまでに素晴らしい筋トレ音楽はないだろう。

息を切らした大男のブレス音がこれでもかと目立ちつつも、裏では小気味良いアップテンポな音が響いている。

良いから聴けよ!聴いたらきっと観に行きたくなるよ!

 

とりあえず観に行ってくれ

映画は、早く鑑賞することに限る。ネタバレされる云々の話ではない。

人気のある作品や新作は、大きなスクリーンで上映されている。一方、公開して日が経った作品や不人気作品は、非常に小さなスクリーンで上映される事になる。

本作のようなぶっちぎりアクション映画や音楽が最高の映画は、是非とも大きなスクリーンの良いスピーカーで鑑賞して欲しい。

 

デート映画としても問題ない。

彼女と観に行ったが、お互い興奮して大満足だったし、鑑賞後に談義が盛り上がった。

 

仕事帰りでも問題ない。

帰り道はきっとランニング気味で帰ることだろう。

 

休みでも問題ない。

家に帰ればアーサー王物語を調べていることだろう。

 

確かに「???」と理解に苦しむ部分もあるっちゃある。

こまけぇこたぁいいんだよ!

f:id:ugouken:20170620112428j:plain

 

自分で解釈し、自分の中で消化し、自分の中で続きを考えれば良いんだ。

僕は、続編が出来ることを期待している。

 

音楽担当:ダニエル・ペンバートンの今後も要チェックである。

 

King Arthur: Legend Of The Sword

King Arthur: Legend Of The Sword