もうウゴウケン

PUBGやゲーム配信、Z125PROを

レザーキットでカンタン小銭入れづくり

「オカネオカネ」とうわ言をつぶやく日々。

そうだ、レザーで小物を作ってみよう。

モノを作って売る、という前時代的な思想が第一に浮かぶあたり、当面オカネに苦労しそうだ。

 

三宮の東急ハンズにレザー関連が揃っているとわかり、早速向かう。

カゴに工具を何点か突っ込んでから彼女が「また一回使うだけの工具買うん」と心配そうに煽ってくる。そう、飽き性なのだ。

 

ベッド下の収納には、とんぼ玉を作ろうとした時のバーナー一式が眠っている。

数年前に5回ほど使っただけだ。

さらに、引っ越してオール電化になってしまった。なんてこった。

 

彼女が「縫うだけの入門キットで楽しかったら買いなさい」なんて言うもんだから、素直に従う。

マーリープラス - Mifuku Leather Works

こちらの入門キットを購入。

 

買って満足するタイプなので2週間ほど寝かせておきましたが、ついに作成開始。

パーツが既に裁断・穴あけされており、後は縫うだけの楽ちん作成。

詰めが甘く、開封前のキット撮影を忘れていた。

 

ぬいぬい。

f:id:ugouken:20170306134747j:plain

 

このキット、一つだけ難点がある。

縫い終わりを固めるボンドの蓋が硬すぎて開かないのだ。

あの手この手で試したが、プラがパキッと軽く悲鳴を上げたので諦めた。

頑張ってくれ、消え色ピットくん。

f:id:ugouken:20170306134920j:plain

 

2時間で完成。

縫い終わりが糊跡で汚いのはご愛嬌。

f:id:ugouken:20170306135017j:plain

f:id:ugouken:20170306135045j:plain

 

2,900円で2時間楽しめた。

彼女が仕事中の財布に使うと言っているから、作ってよかったのだろう。

 

工具は買うか迷っている。

女のデザインに勝てる気がせんのです。

 

レザークラフト技法事典―クラフト学園虎の巻

レザークラフト技法事典―クラフト学園虎の巻