もうウゴウケン

PUBGやゲーム配信、Z125PROを

#2017年一番良かった映画

 

#2017年一番良かった映画

バタバタと2017年のまとめを作成しております。

上記「2017年劇場鑑賞の映画作品10選」の中で取り上げた10選の中から何点かポイントを挙げたい。

 

子供が出来たら観せたい『SING/シング』

子供から大人まで楽しめる、歌うことがテーマのアニメ映画。

字幕版では、スカーレット・ヨハンソン(『アベンジャーズ』等)やタロン・エガートン(『キングスマン』)等の豪華キャストがガチで歌っております。

どれもこれも上手く、心に響く楽曲ばかり。

幼い子供に挫折と成功を教える事が出来、歌う事の楽しさも知れるはず。

SING/シング 【通常版】 (字幕版)
 

 

2017年屈指の筋トレ映画『キング・アーサー』

ストーリーは、各所で低評価を喰らい、興行成績も散々。

それでも、楽曲が素晴らしいんです。とてもスピード感溢れ、心滾る楽曲ばかり。

主演のチャーリー・ハナム(『パシフィック・リム』)のガタイとあわせ、なかなかの筋トレ映画に仕上がっています。

是非、男同士の映画鑑賞会にオススメです。

キング・アーサー(字幕版)

キング・アーサー(字幕版)

 
キング・アーサー(吹替版)

キング・アーサー(吹替版)

 

 

終始笑いながら観られる、最高のおふざけ映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』

マーベルのアメコミ映画『マイティ・ソー』シリーズの第3作目。

アメコミ映画、シリーズ物と侮るなかれ。タイカ・ワイティティ監督のおふざけがこれでもかと詰まったハッピー映画である。

最初から最後まで笑い続けられるので頭を空っぽにして楽しめる。

勿論、アメコミ映画で重要な迫力満点のバトルシーンもございます。悪役ヘラが無双するシーンなんか堪りません!マーベル映画の中で、単騎バトルをすれば最強じゃないのかと感じる迫力です。

楽曲もノリノリで素晴らしい。重要なバトルシーンで流れる「移民の歌」という楽曲は、映画史に残るであろうマッチぶり。

下記のティーザー予告からして最高なんですよ。

 

これぞ映画!これぞミュージカル!『ラ・ラ・ランド』

『セッション』で一躍時の人となった、デイミアン・チャゼル監督。

彼の名を更に高みへ押し上げたのが、本作だ。

オープニングからテンションをブチ上げられたと思えば、二人が過ごす夢のような時間に引き込まれ、二人のすれ違いに苦しめられる。

エンドロールは、涙と鼻水でグズグズになり、とても満足しているはずだ。

本作のキャッチコピー「夢を見ていた。」が心に深く突き刺さる。

そして、ようこそミュージカル映画の心ときめく世界へ。

観るなら字幕版一択です!

ラ・ラ・ランド(字幕版)

ラ・ラ・ランド(字幕版)

 

 

今年の一番

今年の一番は、間違いなく『ラ・ラ・ランド』です。

元気な時も、悲しい時も、いつだって楽しめて前向きになれる映画です。

サントラを、カーステレオで流せば最高のドライブに。おうちでディナー中に流せば雰囲気が上品に。

映像も音楽もストーリーも、最高の作品です。

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン,ジャスティン・ポール,ジャスティン・ハーウィッツ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (9件) を見る